例えるなら、トマトの瓶詰め。

世界で広く販売されているハインツのガラス瓶入りケチャップには、およそ10個のトマトがまるまる使用されています。ボトルのサイズが異なる日本のケチャップでも、その濃さは変わりません。